フリーランサー・起業家は要チェック!シェアスペース・コワーキングスペースのメリット・デメリット

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

東京のレンタルオフィス、サービスオフィスTOP > お役立ちコンテンツ > オフィスの選び方 > フリーランサー・起業家は要チェック!シェアスペース・コワーキングスペースのメリット・デメリット

フリーランサー・起業家は要チェック!シェアスペース・コワーキングスペースのメリット・デメリット

シェアオフィス・コワーキングスペースはフリーランサーや起業家に広く利用されており、一般的な認知度も高まってきました。
シェアオフィスとコワーキングスペースのそれぞれのメリットとデメリット、両者の違いについての解説、スペースの利用例についてまとめましたので、これから利用される方の参考になれば幸いです。

■シェアオフィスとは?

シェアオフィスは複数の人が同じスペースを共有して作業を行うオフィスです。
スペースをシェア(共有)することができるオフィス、と捉えていただくと分かりやすいかと思います。

貸し事務所はその会社だけで専有できますが、シェアオフィスはスペースを共有して利用するという点で一般の貸し事務所と大きな違いがあります。
施設によって会議室やロッカーの利用サービスがあり、キッチンが備わっているオフィスもあるなど、作業スペースだけでなく付随サービスも利用可能です。

■コワーキングスペースとは?

コワーキング(Coworking)は事務所、会議室などを共有して働くスタイルで、コワーキングスペースはシェアオフィスと同じく共有スペースを利用することができる施設です。
オープンスペースが充実しているため、他の利用者とのコミュニケーションが取りやすいという特徴があります。

■シェアオフィスとコワーキングスペースの違いは?

シェアオフィスとコワーキングスペースは、両方とも共有スペースを利用することができるという点では内容は同じです。
違いがあるとすれば、シェアオフィスは作業をすることをメインにして利用するのに対し、コワーキングスペースは他の利用者とのコミュニケーションを目的として利用する点です。

シェアオフィスとコワーキングスペースの線引きは難しいですが、作業重視ならシェアオフィス、コミュニケーション重視ならコワーキングスペースと捉えていただくと分かりやすいかと思います。

■シェアオフィスのメリット

シェアオフィスは無線LANやコンセントが無料で利用できるので、ノートPCを持ち込んで自由な時間に仕事をすることができます。
スペースを共有することにより、貸し事務所を借りるよりも家賃を安く抑えられるがシェアオフィスの大きなメリットです。

利用可能時間は施設やプランによって異なりますが、24時間365日スペースを利用できるシェアオフィスもあります。
また、会議室(ミーティングルーム)や打ち合わせスペースが備わっているシェアオフィスは、会議をしたり来客対応をするスペースとして活用することができます。

■シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスは複数の利用者でスペースを共有するため、話し声や雑音が気になってしまいます。
雑音が気にならない方は問題ないと思いますし、カフェの雑音を再現するアプリもあり、適度な雑音は集中力を高める効果があるとされています。
しかし、雑音があると作業に集中しづらい方には向いていないかもしれません。

複数の人が出入りするため、セキュリティ面では決して安心とは言えないのもシェアオフィスのデメリットです。
また、共有の無線LANを使用するため、無線LANのセキュリティにも不安に感じられる方も多いことでしょう。

■コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースはシェアオフィスと同じく自由な時間に作業ができる点、貸し事務所よりも家賃が安いという点がメリットです。
無線LANとコンセントは無料で利用可能なので、カフェよりも仕事がしやすい環境が整っています。

コワーキングスペースではイベントやセミナーが開催されていますので、他業種の方との交流がしやすく、新しいコミュニティを築いたり人脈を広げたりしやすいのもメリットです。

■コワーキングスペースのデメリット

コワーキングスペースのデメリットはシェアオフィスと同じく、周囲の雑音があることです。
特にコミュニケーションを重視したコワーキングスペースでは積極的に会話が交わされるので、作業重視のシェアオフィスよりも作業に集中しにくいかと思います。

コミュニケーション重視で利用することを前提とするなら、周囲の会話の声は気にならないかと思いますが、周囲の雑音が大きくて作業がしづらい方は、作業に集中している方が多いシェアオフィスを選ばれる方が良いでしょう。
セキュリティ面でもシェアオフィスと同様のデメリットがありますので、シェアオフィス、コワーキングスペースいずれの場合も利用する前にセキュリティ対策について確認する必要があります。

■シェアオフィス・コワーキングスペースの利用例

シェアオフィス・コワーキングスペースの利用者はフリーランサーや起業家が多く、スタートアップ時に複数名で利用する方もいらっしゃいます。
事務所が決まる前の作業スペースとして利用でき、人脈を広げられるので、スタートアップ時に利用するメリットがあります。
シェアオフィス・コワーキングスペースでも登記登録が可能ですので、起業を予定されている方は利用を考えてみてはいかがでしょう。
※登記登録が可能かどうかはシェアオフィス・コワーキングスペースによって異なりますので、各施設でご確認ください。

事業が拡大し人数が増えたり荷物が多くなり、シェアオフィス・コワーキングスペースでは手狭になってきたことから、レンタルオフィス・サービスオフィスにステップアップする方も増えています。
レンタルオフィス・サービスオフィスは専有のオフィススペースを利用できるため作業に集中でき、セキュリティ面での安心度も向上します。

レンタルオフィス、シェアオフィスをお探しの方へ

レンタルオフィスよりワンランク上のサービスを無駄の無い賃料で使いたい方はぜひクロスオフィスをご検討ください。

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

この記事を書いた人

ユニークビジョン

ユニークビジョン

ユニークビジョンは、FacebookやTwitterを中心にしたソーシャルメディアの運用支援や効果測定、コンサルティングとサイトのソーシャル化・オウンドメディア化の支援やソーシャルアプリ開発を行うコンサルティング・開発企業です。 自社で開発・メディア運営まで行なっておりますので、ソーシャルメディアを活用して貴社のポテンシャル最大化を一手に引き受けられます。