オフィスの快適さはトイレの数が関係する!?法律で決まっている社員数に対する個室トイレの数

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

東京のレンタルオフィス、サービスオフィスTOP > お役立ちコンテンツ > コラム > オフィスの快適さはトイレの数が関係する!?法律で決まっている社員数に対する個室トイレの数

オフィスの快適さはトイレの数が関係する!?法律で決まっている社員数に対する個室トイレの数

オフィスの快適さはトイレの数が関係する!?法律で決まっている社員数に対する個室トイレの数

現在のオフィスのトイレは数が十分足りているか、トイレ環境は快適であるかと考えたことがあるでしょうか?
トイレ環境はオフィス設備の中でも意外に見落としがちなポイントです。個室トイレの数が少なく、待つことが多いオフィスはトイレの数を見直した方が良いかもしれません。

実は「事務所衛生基準規則」では最低限満たすべきトイレの数が決められていて、男女で必要な個室トイレの数が異なります。
現在オフィス移転や新設を検討されているならあらかじめ知っておくべきポイントです。
また、オフィスのトイレ環境が良好であるかを算出する「オフィストイレの適正器具数算定法」についても併せて説明します。

オフィスに必要なトイレの数は男女で異なる

「事務所衛生基準規則」では、オフィスのトイレの数について以下のように規定しています。

第十七条  事業者は、次に定めるところにより便所を設けなければならない。
一 :男性用と女性用に区別すること。
二 :男性用大便所の便房の数は、同時に就業する男性労働者六十人以内ごとに一個以上とすること。
三 :男性用小便所の箇所数は、同時に就業する男性労働者三十人以内ごとに一個以上とすること。
四 :女性用便所の便房の数は、同時に就業する女性労働者二十人以内ごとに一個以上とすること。
出典:事務所衛生基準規則

まず前提として男女でトイレを分けることとしています。
小スペースのオフィスだと男女共用であることが多いですが、本来は男女別にしなければなりません。規則で決まっているからというだけでなく、男女別々の方が、とくに女性にとって余計な気を使わずに済んでよいでしょう。

トイレの数についてですが、男性用の大便所は男性60人につき1個以上、小便所の数は男性30人につき1個以上と定めているのに対し、女性用便所の数は女性20人ごとに1個以上であることと定めています。

男性60人につき個室トイレが1個というのは少ない気もしますが、男性の場合は必ずしも個室で用をたすわけではありませんし、営業に出ている社員もいますので、60人に1個以上あれば問題ない企業が多いでしょう。

女性は必ず個室トイレが必要ですので、男性の3倍の数の個室トイレが必要となります。

このようにオフィスのトイレの数は法律で定められているわけですが、このことを知らなかった方も多いのではないでしょうか?
快適な職場環境をつくるために、オフィスのトイレは最低数を満たしておくことが必須です。

オフィストイレの適正器具数算定法

オフィスに必要なトイレの数は、空気調和・衛生工学会の「衛生器具の適正個数算定法」を用いて導き出すことができます。
LIXILがまとめた「オフィストイレの適正器具数算定法」が分かりやすいです。

適正器具数は利用人員をもとめ、男女比率を設定して算出します。
算定には以下の計算室を用います。

人員密度(0.1)〔人/㎡〕 × 執務面積 × 男女比率

例えば執務面積1,500㎡、男女比率が6:4のオフィスの場合、以下のような結果となります。

男性・・・0.1〔人/㎡〕 × 1,500〔㎡〕 × 0.6 = 90人
女性・・・0.1〔人/㎡〕 × 1,500〔㎡〕 × 0.4 = 60人

上記の結果を算定グラフにあてはめ、以下のサービスレベルによってオフィストイレの環境が良好であるかを判断します。

レベル1・・・待ち時間の少ない良好な器具数(ゆとりのある器具数)
レベル2・・・標準的な待ち時間の器具数(平均値、標準的な器具数)
レベル3・・・必要最低限の器具数

上記の利用人員からサービスレベル1を満たすなら、男性90人なら男性個室トイレと男性小便器は3個ずつ、女性個室トイレは4個必要となります。
「事務所衛生基準規則」で規定されている男性個室トイレの数が60人以上で1個以上、女性個室トイレの数が20名以上で1個以上となっているので、サービスレベル1を満たせば待ち時間が少ない快適なオフィストイレとなります。

オフィストイレの適正器具数算定法
出典:オフィストイレの適正器具数の算定法について(LIXIL)

快適なオフィス環境は人材流出を防ぐ

男女共用トイレはお互いとても気を遣うものです。
男性があまり気にしなくても、女性はとても気にします。
トイレは人材流出に無関係ではなく、共用トイレだと女性社員にとって居心地が悪いオフィス環境と感じ、人材流出につながってしまいます。

たかがトイレ、されどトイレ。
オフィスで必ず利用する設備だからこそ、社員が働きやすいように配慮しなければなりません。

オフィス移転を成功させるためには、事務所内見を男性社員だけで行くのではなく、女性社員にも一緒に来てもらい、トイレと洗面室の環境をチェックしてもらう方が良いでしょう。
男性目線で選んでしまうと女性社員が理想とするトイレ環境を見落としてしまいますので、女性社員の意見を聞いてオフィスを選ばれることをオススメします。

レンタルオフィス、シェアオフィスをお探しの方へ

レンタルオフィスよりワンランク上のサービスを無駄の無い賃料で使いたい方はぜひクロスオフィスをご検討ください。

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

この記事を書いた人

ユニークビジョン

ユニークビジョン

ユニークビジョンは、FacebookやTwitterを中心にしたソーシャルメディアの運用支援や効果測定、コンサルティングとサイトのソーシャル化・オウンドメディア化の支援やソーシャルアプリ開発を行うコンサルティング・開発企業です。 自社で開発・メディア運営まで行なっておりますので、ソーシャルメディアを活用して貴社のポテンシャル最大化を一手に引き受けられます。