【コスト削減】最適なランニングコストの賃貸オフィスを探すためのチェックポイント

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

東京のレンタルオフィス、サービスオフィスTOP > お役立ちコンテンツ > オフィスの選び方 > 【コスト削減】最適なランニングコストの賃貸オフィスを探すためのチェックポイント

【コスト削減】最適なランニングコストの賃貸オフィスを探すためのチェックポイント

Dollarphotoclub_80054923

賃貸オフィスを探す際、賃料以外に比較するポイントがいくつかあります。
会社の規模や条件に合ったオフィスを選ぶことで、最適なランニングコストで賃貸することができます。
無駄なコストを省くために比較していただきたい、賃貸オフィスのランニングコストのチェックポイントを解説します。

最適なオフィスの広さ

快適に作業ができるオフィスの広さは、一人あたり4坪の面積が最適であると言われています。
一人あたりの面積が4坪を下回ると手狭になってしまい、それ以上だと無駄なスペースが生まれ、余計なコストがかかることになります。

業種によって最適な一人あたりの最適な面積は変わりますので、一人あたり4坪であるというのはあくまでもひとつの目安ですが、どのぐらいの広さのオフィスが最適なのかを考える参考になるかと思います。
起業時にオフィスを探す際やオフィスを移転する際に役立つ知識です。

フリーアドレス制

賃貸オフィスを探す前に検討する価値があるのは、フリーアドレス制を採用するかどうかです。
フリーアドレス制は社員の席を固定せず、オフィス内で自由に席を移動して仕事ができる方法で、マイクロソフトやIBMなど大企業も採用しています。

営業や出張が多い会社の場合、社員の数だけ座席を用意しなくてもいいので、オフィスの面積を小さくすることができます。
フリーアドレス制はコスト削減の方法として活用されており、外出する人の割合が多い会社は検討する価値があるかと思います。

コスト削減以外のメリットは席を固定しないことで社員同士でコミュニケーションが取りやすくなる点、デメリットは遅刻などの勤怠把握がしにくい点です。

空調にかかる費用

空調設備は各室で温度調整ができる個別空調か、1か所で制御するセントラル空調かによって空調にかかる費用(電気料金)が違ってきます。
セントラル空調は各室で温度調整ができないとされていますが、各室・ブロックごとで温度調整ができるビルもありますし、平日昼間稼働が基本で休日出勤や残業が少ない会社の場合、セントラル空調の方が安くつく場合もあります。
空調が動いているコアタイムの時間帯、共益費に含まれている空調費用は要チェックです。
また、申請と別料金を支払うことによりコアタイム以外でも稼動させることが可能です。時間外稼動の場合の費用も確認する必要があります。

通信費

ビルによって利用可能な通信サービスが異なりますが、通信サービスを見直すとコスト削減になります。
例えば通常の固定電話から光電話にすると、電話代を節約することができます。
光電話は光回線契約内容によって引き込み可能な電話回線が異なりますので、賃貸オフィスを選ばれる際は通信環境も要チェックです。

レンタルオフィス・サービスオフィスを利用

レンタルオフィス・サービスオフィスでは専有のオフィススペースの他に、会議室・ミーティングルームなど共有のスペースを利用できます。
会議室等を共有スペースにすることにより最小面積での賃貸が可能になり、賃料を抑えることができます。

新規創業時の創業費用を最小限に抑えつつ、専有のオフィススペースで一般的な貸し事務所と同じように業務を行えます。
スタートアップや起業家に広く利用していただいており、駅近でアクセス良好な一等地にオフィスを持てるというメリットがあります。

レンタルオフィス・サービスオフィスの場合も、個別空調とセントラル空調があります。
セントラル空調の場合、各部屋ごとに温度調節が難しいですし、時間外についても専有のオフィススペースだけ稼動させることが難しくブロックごと(何部屋かまとめて)の稼動となるため、コストが割高になるケースが多いです。
ワークスタイルに合わせて、契約前に確認をしておくことをオススメします。

レンタルオフィス、シェアオフィスをお探しの方へ

レンタルオフィスよりワンランク上のサービスを無駄の無い賃料で使いたい方はぜひクロスオフィスをご検討ください。

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

この記事を書いた人

ユニークビジョン

ユニークビジョン

ユニークビジョンは、FacebookやTwitterを中心にしたソーシャルメディアの運用支援や効果測定、コンサルティングとサイトのソーシャル化・オウンドメディア化の支援やソーシャルアプリ開発を行うコンサルティング・開発企業です。 自社で開発・メディア運営まで行なっておりますので、ソーシャルメディアを活用して貴社のポテンシャル最大化を一手に引き受けられます。