業種別レンタルオフィス活用法

電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00

03-4582-1102

お問い合わせ・資料請求

東京のレンタルオフィス、サービスオフィスTOP > お役立ちコンテンツ > 業種別レンタルオフィス活用法

業種別レンタルオフィス活用法

弁護士事務所のオフィス選びは、レンタルオフィスを選択するもの一つの方法です

弁護士事務所を開設するには、まずは弁護士の資格を取得し、弁護士登録をしなければいけません。 ただ、弁護士の資格を取得してすぐに自分で法律事務所を開業する人はま ・・・ >> 続きを読む

土地家屋調査士がオフィスを選ぶのに、レンタルオフィス利用のメリットとは

土地家屋調査士は、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査し、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う人で、測量及び不動産の表示に関する登記の ・・・ >> 続きを読む

中小企業診断士にとって、レンタルオフィスはどのような活用のしがいがあるのでしょうか

中小企業診断士は、中小企業の経営合理化のために,中小企業支援法に基づいて経営の実情を診断し、合理化の方策を助言する人です。 中小企業支援法第11条に基づき、経 ・・・ >> 続きを読む

地方の企業が東京に進出する際の、レンタルオフィス活用のメリットは?

東京はマーケットが大きいので、収益を上げるために東京に進出したいと考える地方の経営者も多いでしょう。 地方に本社がある企業が東京への進出を考えた際、東京で物件 ・・・ >> 続きを読む

司法書士の事務所選びには、レンタルオフィスを選ぶのも有効な手段です

司法書士は、裁判所、検察庁、法務局などの司法機関に提出する書類の作成や登記・供託などの手続きの代理業務を行う人で、日常生活での様々な司法上の手続きのスペシャリス ・・・ >> 続きを読む

行政書士が初めてオフィスを構える際は、レンタルオフィスが便利です

行政書士は、日常生活で官公署に提出する書類などの作成や、書類提出手続きの代行、書類作成に関する相談など、行政上の手続きのスペシャリストです。 行政書士の資格を ・・・ >> 続きを読む

公認会計士のオフィス選びで、レンタルオフィスを選択する人も増えています。

公認会計士は、公認会計士法に基づき、企業が作成する財務諸表に不正・不備がないか監査する「監査業務」をはじめ、経営コンサルティング業務などを行う、監査・会計のスペ ・・・ >> 続きを読む

建築士も、最近はレンタルオフィスを利用する人が増えています。

建築士は、一級・二級・木造建築士と資格が分かれ、設計・工事監理できる建築物の構造・規模が各々厳密に決められています。 一級建築士は、国土交通大臣の免許により、 ・・・ >> 続きを読む

経営コンサルタントがレンタルオフィスを利用するメリットとは

経営コンサルタントは、主に中小企業に対し、経営状況を調査・診断し、生産管理や経営指導を通して経営の建て直し、強化のためのアドバイスを行う人です。 会社経営 ・・・ >> 続きを読む

1 / 212